WE MAKE ESPORTS NATIONAL

HISTORY OF ESPORTS

  • 1970-80’s

    「コンピューターゲーム」の黎明

    1970年代初頭より、コンピューターゲームの商業化と普及が開始
    そして、スタンフォード大学にてゲーム大会が開催されたのを
    皮切りに、多くの大会が開催されるようになっていく

  • 1972 | スタンフォード大学にて『スペースウォー!』の大会が開催

  • 1978 | 『スペースインベーダー』発売

  • 1980 | 『スペースインベーダー選手権』が1万人以上の参加者を集める

  • 1983 | 「ファミリーコンピュータ」発売

  • 1990’s

    ゲームのプロ化・スポーツ化

    対戦型格闘ゲームの人気などにより、「ゲームによる対戦」ひいては
    「ゲームのスポーツ化」が進展。さらに、インターネットの普及がそれに拍車を掛けていく。
    それと並行して、ゲームのプロ化も進行。欧米にて相次いでプロリーグが設立される。

  • 1991 | 『ストリートファイターⅡ』発売

  • 1994 | 「PlayStation」発売

  • 1997 | PGL(Professional Gamers League)設立
    CPL(Cyberathlete Professional League)設立

  • 2000’s

    「eスポーツ」の誕生と成長

    スポーツ化とプロ化がさらに加速し、ゲームに関する団体や
    大会が増加。テレビ番組なども盛んに放送されるようになる
    そして世間の注目に伴い「eスポーツ」という言葉が使われ始める

  • 2000 | 「PlayStation 2」発売

  • 2003 | フランスにてESWC(Electronic Sports World Cup)開催

  • 2006 | 「PlayStation 3」発売

  • 2010’s

    eスポーツ産業の拡大

    大会の数に続いて、この頃からその賞金額が大幅に増加。また、ライブ配信サービスの普及もあり、その視聴者数も爆発的に増す。
    そしてその熱狂を受けて、eスポーツの「スポーツ」としての認知が広がっていく。
    それと並行して、ゲームのプロ化も進行。欧米にて相次いでプロリーグが設立される。

  • 2011 | 第1回eスポーツJAPAN CUP開催

  • 2013 | 「PlayStation 4」発売

  • 2019 | 東南アジア競技大会にて、6つのeスポーツが競技種目に追加

2020’s-

DONUTS USG
MAKES ESPORTS
NATIONAL

TOP HISTORY